94年以来!ソフトB、球団タイ記録の1試合8発 24年前のスタメンは?

西日本スポーツ

ライマー(左)ら1994年ダイエーの面々 拡大

ライマー(左)ら1994年ダイエーの面々

 ◆ソフトバンク16-4西武(16日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが後半戦スタートの一戦で球団タイ記録、24年ぶり2度目となる1試合8本塁打の猛攻で首位西武を圧倒。連敗を2でストップした。

 2点を先制された直後の初回、上林が13号先頭打者アーチ。内川の遊ゴロの間にあっさり同点に追いつくと、松田に勝ち越し15号2ラン、甲斐にも5号2ランが出て、この回計3発で逆転に成功した。

 2回には中村晃が8号ソロを放ち、5回は柳田21号ソロ、内川7号ソロ。7回は柳田が2打席連発の22号ソロを放ち、牧原のプロ初本塁打も飛び出した。

 1試合8本塁打はダイエー時代1994年9月18日ロッテ戦(千葉マリン)以来だ。この試合では初回にカズ山本が10号2ラン、トラックスラーが15号ソロと2者連続アーチ。3回にはライマーが25号ソロを放ち、ロッテ先発の小宮山をKOした。

 4回はカズ山本が11号3ラン。5回はライマーの26号3ランに、途中出場していた安田が1号ソロで続き、松永も8号3ラン。6回に秋山が19号ソロで締めくくった。スタメンは以下の通り。

 1番(三)松永

 2番(指)カズ山本

 3番(一)トラックスラー

 4番(中)秋山

 5番(左)ライマー

 6番(捕)吉永

 7番(二)若井

 8番(右)村松

 9番(遊)浜名

 この年は根本監督の2年目だった。西武からトレード移籍の秋山、阪神からFA移籍の松永、新外国人ライマーが活躍。逆指名で入団のドラフト2位ルーキー小久保は主に右翼で出場していた(9月18日は三塁で途中出場)。同率2位のオリックス、近鉄に勝率わずか6毛差で4位となったものの、南海時代の77年以来17年ぶりに勝ち越し。この年限りで根本監督が退き、王監督が就任した。

=2018/07/16 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ