唐津商5戦4度目コールド 5番坂本勇人、本家ほうふつ?3安打3打点 25日に決勝/佐賀

西日本スポーツ

 準決勝が行われた佐賀大会はノーシードの唐津商と佐賀商が勝ち、決勝進出を決めた。シードの龍谷を破った唐津商は今大会5試合のうち4度目のコールド勝ち。1年生ながら5番を打つ坂本勇人が3安打3打点で好調な打線を引っ張った。2年前と同じ顔合わせとなった決勝は25日に佐賀市のみどりの森県営球場で行われる。同日は大分と鹿児島でも代表が決まる。

【唐津商】

 名前負けなんて意地悪は聞かれない。唐津商の「坂本勇人」が本家顔負けに打ちまくった。6回2死一、二塁。「後ろにつなぐ。ゴロでいい。内野の間を抜こう」と高めを三遊間へねじ込む。あまりに体勢が窮屈で、駆けだした際に転ぶほどの執念打は結実。続く山下の満塁一掃三塁打で10-0となった。このまま無失点で、今大会5戦4度目のコールド勝ちだ。

 同姓同名の巨人・坂本勇人と同じ右投げ右打ち内野手。生まれた年に本家はまだ中学生だから「名前はたまたまです」と笑う。メンバーに先輩の坂本将一がいるから表記も本家同様「坂本勇」。本家に通じるあどけない顔立ちは、入学4カ月だから当たり前ではある。

 初回は先輩4番・吉川から犠打でお膳立てされ左前適時打。2回も吉川の死球後に2点二塁打を放った。3番の土井主将は「1年生と思えないぐらい堂々としている。気持ちも強くて根負けしない」と感心。1年生離れした男は6月のNHK杯で背番号3の一塁手。4番三塁で迎えた今夏、吉川の復調で途中から5番を担う。

 「坂本選手の守備を見ることはあります」と野球では参考程度。打撃は「西武の森選手」を手本に、大会前からやや膝を折って重心を沈めた。フォームが安定し確実性がアップ。「状態も上がってきた」と今夏初の3安打で、計14打数8安打の打率5割7分1厘だ。

 コールド4度の打線も本塁打は準々決勝で2発の土井だけ。全員でつなぎ、坂本勇も実践してきた。投手兼捕手だった浜玉中3年時に軟式の県大会で初優勝。他校の誘いも複数あったが辞退し「地元で甲子園に」と唐津商へ進んだ。夢が最初の夏で実現しつつある。「決勝では2本…いや3本打ちたい」。コールドのない決戦で、もうひと暴れだ。 (森 淳)

■伊藤77球楽々完投

 唐津商は決勝へ追い風が吹いている。2回戦を除く4試合がコールドのため、2回戦から一人で投げてきたエース伊藤の平均投球回は7.5。準決勝は77球で済み、吉冨監督は「全く想像しなかった」と驚く。得点力が光るが、同監督は「うちはバッテリー中心」ときっぱり。実際に「守備からリズムを」と準々決勝まで4試合は望んだ後攻で、準決勝で初めて後攻を取られたという。中0日の決勝も「伊藤と心中」を決め込んでいる。

=2018/07/25付 西日本スポーツ=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ