西武50勝、両リーグ一番乗り 延長10回、浅村サヨナラ打 劇的な逆転勝利

西日本スポーツ

 ◆西武6-5オリックス(25日・メットライフドーム)

 鮮烈な一振りで劇的な逆転勝利に導いた。5-5で迎えた延長10回2死一、二塁。浅村が増井の投じた初球のフォークを捉えると、鋭い打球が左翼線を破った。「消極的にならないように、甘いボールを振りにいこうと強気でいった」。チームを今季4度目のサヨナラ勝利に導いた主将は、勝利を信じてスタンドに残ったファンとともに歓喜に身を委ねた。

 直前の無死一塁で、メヒアの代打岡田がしぶとく犠打を決めている。「あそこで打たないと(犠打が)無駄になる」。1点を追う9回も先頭で中前打を放って同点につなげ、最後は自身通算6度目のサヨナラ打で締めた。

 前半戦に負傷した左膝の痛みを押しながら、後半戦は8試合で打率3割7分5厘、10打点。「レギュラーとしてやっている以上、試合に出続けることが大事」。先頭に立って打線を引っ張る姿に、辻監督も「初球から振れる思い切りの良さが出た」とたたえた。

 後半に入って調子を落としていたチームは、3カード目で初の同一カード3連戦の勝ち越しを決めた。両リーグ50勝に一番乗り。序盤のビハインドを打線が束になってはね返すと、課題の救援陣も無失点リレーで、最後は相手の守護神を攻略した。勢いに乗るにはこれ以上ない形の白星で、2位日本ハムとのゲーム差を2・5に広げた。 (松田達也)

=2018/07/26付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング