三養基、昨年16強、今年8強 2年中村日「来年は日本一に」

西日本スポーツ

 三養基が準々決勝で「女王の壁」にはね返された。中村学園女子には2月の九州選抜大会で勝っていたが、今回は先鋒に2人を抜かれ、今大会初登場した副将中村萌々花(3年)と大将中村日南(2年)姉妹が劣勢から流れを変えられなかった。「一番大事なところで力を出し切れなかった」と中村萌は悔やむ。昨年は16強。1、2年生計3人を主力にした今年は頂点への階段を一つ上がった。6回戦で5人抜きした古川寛華(1年)と中村日は「日本一になりたいという思いがより強くなった。これまで以上に努力していく」と誓った。

=2018/07/27付 西日本スポーツ=

PR

玉竜旗 アクセスランキング

PR

注目のテーマ