トーレス「彼とはいい連係」金崎とそろって初先発 J1鳥栖0ー0ドローも現状打破へ光

西日本スポーツ

 待望の「鳥栖初ゴール」はお預けとなった。後半10分、ホームの大声援を受けた移籍後初先発のフェルナンドトーレスが金敏〓のロングパスを胸で巧みにトラップ。相手GKと1対1に持ち込んだが、ループシュートは惜しくも止められた。

 元スペイン代表のストライカーは「相手のGKを褒めないといけない」と素直に好セーブをたたえた。24日に鹿島からの完全移籍が発表されたばかりの元日本代表金崎も移籍後初出場で初先発。2人の初共演はスコアレスドローに終わった。

 ゴールネットは揺らせなかったが、フィッカデンティ監督は「(チームに)合流して間もないが、(2人は)既に溶け込んでいる」と口にする。新加入の豪華2トップはチャンスメークで期待に応え、今後のフィーバーを確かに予感させた。

 後半22分にはフェルナンドトーレスの絶妙なパスを受けた右サイドの金崎が、速く低いクロスボールを供給。逆サイドから走り込んだ福田にはわずかに合わなかったが、「神の子」は「彼(金崎)とはいい連係が取れる」と手応えを口にした。

 チームは最近5試合で得点は相手のオウンゴールによる1点だけ。またも決め手を欠いたものの、フィッカデンティ監督は「選手はしっかり戦ってくれている。新しく入った選手は、あと1、2試合で完全な状態になる」と前を向いた。

 鳥栖での初戦でフル出場した金崎は「頑張ります、これから」と短い言葉に力を込めた。フェルナンドトーレスも「苦しんでいる状況も含めてサッカー。次は90分出るつもり。ゴールを決めて勝つ」と誓った。後半34分には元エースの豊田も復帰後初出場。強力FW陣が連係を高め、自動降格圏の17位から巻き返す。 (末継智章)

※〓は「火へん」に「赤赤」

=2018/07/29付 西日本スポーツ=

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング