「強力打線で旋風を」 学校で出発式 折尾愛真

西日本新聞

 8月5日に開幕する第100回全国高校野球選手権大会に出場する折尾愛真(八幡西区)の選手たちが30日、甲子園に向けて出発した。同校であった出発式で選手たちは、駆け付けた生徒らの激励を受け、甲子園での活躍を誓った。

 式では、生徒会副会長の香月莉緒さん(2年)が「甲子園では、自慢の強力打線で愛真旋風を巻き起こしてほしい。生徒全員で応援します」と選手たちを激励。松井義弥主将(3年)は「折尾愛真の名を全国にとどろかせる。北福岡大会に負けない声援をお願いします」とあいさつした。

 選手たちの健闘を祈って全員で校歌を斉唱。選手たちは、保護者らに拍手で見送られながら最寄りのJR折尾駅へと向かい、列車に乗り込んだ。駅構内では「甲子園での活躍をお祈りしています」と激励のアナウンスも流された。

 選手たちは神戸市内に宿泊。8月2日に組み合わせ抽選会がある。

=2018/07/31付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング