西武5発で千賀KO 怖すぎる下位打線、8番おかわり&9番メヒアが逆方向弾

西日本スポーツ

 ◆西武7-4ソフトバンク(31日・メットライフドーム)

 今季最多に並ぶ1試合5発の猛打で千賀をKOした。口火は3回、メヒアが右翼席に運んだ先制8号ソロ。4回は中村が右越えの11号ソロで追加点を挙げた。元本塁打王コンビのアベック弾。辻監督が「相手からすれば8、9番じゃないだろうね」という怖すぎる下位打線が火を噴いた。不振が続いていた中村は7月だけで8本塁打と勝負どころの夏場に状態を上げてきた。「調子はいい感じです」。ハイペースでの量産体制に納得の表情だ。

 6回は秋山、浅村、山川による1イニング3発で大きくリードを広げた。4安打2打点の浅村は「大事な6連戦。初戦を取ろうという思いでみんなで一つになってやった」と強調した。獅子脅し打線が一丸となって今季2戦2敗とやられていた千賀を完璧に攻略した。

=2018/08/01付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング