ソフトB、8月幕開けは大量点 長谷川勇「サイクル超え」4年ぶり4安打

西日本スポーツ

 ◆西武-ソフトバンク(1日・メットライフドーム)

 借金「1」を抱えて8月を迎えたソフトバンクが、5回までに今季6度目の2桁得点をマークし真夏の逆襲をスタートさせた。

 「6番・左翼」で、西武戦では今季初めてスタメン起用された長谷川勇が大暴れした。2回に右越えの同点1号2ラン。4回は二塁打、5回は左前打を放ち、この時点で今季プロ野球4人目のサイクル安打に王手をかけた。

 三塁打が出れば快挙の6回、第4打席はこの日2本目のアーチとなる右越え3ラン。「サイクル超え」の4安打、5打点目でスコアは14-2となった。長谷川勇の4安打は2014年以来。大差がついたこともあり、直後の守備で交代した。

 ソフトバンクの先発投手は育成から支配下登録されたばかりのルーキー大竹。長谷川勇は2回の同点アーチを「春先から2軍で一緒に頑張っていた大竹が初先発なので、早めに何とかしてあげたかった」と振り返った。

=2018/08/01 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ