福岡FWレオミネイロ4日デビューへ ドゥドゥ欠くアウェー甲府戦、先発も

西日本スポーツ

 お待たせ!! J2アビスパ福岡のブラジル人FWレオミネイロ(28)が、4日のアウェー甲府戦で移籍後初出場することが濃厚になった。さっそくスタメン入りする可能性もあり「いつでも準備はできている」と3試合ぶりの勝利でチームを再加速させる。

 6月末に加入したレオミネイロは選手の追加登録が可能になる7月21日の東京V戦からの出場を目指していたが、手続きに必要な国際移籍証明書がブラジルの前所属クラブから届かず登録が遅れ、3日に公示される予定になった。「すごく待ち遠しかった」とはやる気持ちを抑え、チームメートとの連係を高めてきた。

 対戦相手の甲府から期限付きで移籍しているドゥドゥが、契約の関係で次戦は出られない。チームトップの6得点を挙げている攻撃の要を欠くだけに、井原正巳監督は「決定力が高いレオ(ミネイロ)に攻撃面で引っ張ってほしい」と期待する。2015~16年にJ2岐阜で計21ゴールを決めており、日本でも実力は証明済みだ。

 1日に福岡市内での非公開練習を終えたレオミネイロは「ドゥドゥと同じく、起用されたポジションで臨機応変に戦える。僕の方がイケメンだけどね」と陽気に活躍を誓った。福岡は2試合消化が少ないとはいえ勝ち点40の8位で、首位松本とは勝ち点10差。目標のJ2制覇へ負けられない一戦で、新ストライカーが救世主になる。 (末継智章)

=2018/08/02付 西日本スポーツ=

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ