中川が最後方から捲って6度目G3V 開設記念 【松戸】

西日本スポーツ

 松戸競輪のG3開設68周年記念「燦燦ダイヤモンドカップ争奪戦」最終日は5日、決勝が行われ、中川誠一郎(熊本)が2分50秒5(上がり9秒3)で勝ち、G3 6勝目を挙げた。

 レースは吉田拓矢(茨城)が残り1周半から千葉勢を引き連れて果敢に逃げたが、最後方から捲った中川が先団を一気にかわして快勝した。2着には中村浩士(千葉)、3着には村田雅一(兵庫)が入った。

 中川誠一郎「優勝できて良かった。(捲りが)届かないと思ったけど、バックでスピードが上がってくれた。(15日開幕の)オールスターではしっかりと勝ち上がりたい」

=2018/08/06付 西日本スポーツ=

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング