創成館声援受け行進 力強く「試合が楽しみ」 開会式

西日本新聞

開会式で入場行進する創成館の選手たち=5日午前、甲子園球場 拡大

開会式で入場行進する創成館の選手たち=5日午前、甲子園球場

 第100回全国高校野球選手権大会の開会式が5日、兵庫県西宮市の甲子園球場であり、長崎代表の創成館の選手は、スタンドを埋め尽くす約4万1千人の大観衆の声援を受けながら堂々と行進した。

 前日の夜、宿舎で行進の練習をしてから本番に臨んだ。この日、出嶋公誠選手(3年)の掛け声に合わせ、選手たちは大きく腕を振って行進。峯圭汰主将(3年)は「春よりも観衆が格段に多く、鳥肌が立った。試合が楽しみ」と興奮した様子。杉原健介選手(同)は「いよいよ始まった。全ての力を出し切りたい」と力強く語った。

 開会式後、選手は大阪府和泉市の高校で練習。創成館は9日、第3試合で岡山代表の創志学園と対戦する。

=2018/08/06付 西日本新聞朝刊=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ