西武・多和田12勝も緊急降板 バット踏み転倒…右足首痛める

西日本スポーツ

 多和田が今季12勝目を挙げながらアクシデントで緊急降板した。

 90キロ台のカーブを織り交ぜ、緩急を駆使して好投しながら、6点リードの8回1死一塁で西村に左前打を許すと、打球を目で追いながら三塁ベースカバーに入る際、落ちていたバットを踏んで転倒。右足首を痛めてマウンドを降りた。

 今季のオリックス戦は5戦5勝としながら「9回まで投げるつもりだったので、こういう形で代わってしまったことは悔しい」と笑顔を封印した。試合後は右足首をアイシング治療。次回登板には「自分は行くつもり」と強調した。辻監督も「最後までいってもらおうと考えていた。次は大丈夫でしょう。大事に至らないはず」と期待を込めた。

=2018/08/08付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング