創成館「試合楽しみたい」 創志学園と9日初戦

西日本新聞

9日の創志学園戦に向けて打撃練習に汗を流す創成館の選手 拡大

9日の創志学園戦に向けて打撃練習に汗を流す創成館の選手

 第100回全国高校野球選手権大会の9日の第3試合で、岡山代表の創志学園と対戦する長崎代表の創成館は8日、兵庫県西宮市の鳴尾浜臨海公園野球場で最終調整に汗を流した。

 最速150キロを誇る創志学園のエース西純矢投手(2年)を想定し、マウンド手前に設置したマシンで打撃練習した。投手陣もキャッチボールなどで軽めに調整。その後は、各選手がティーバッティングや守備練習などに取り組んだ。

 稙田(わさだ)龍生監督は「『長崎原爆の日』なので、いろんな思いを抱きながら試合を楽しみたい」と話した。

=2018/08/09付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ