自由形は「専門外」の酒井、メンバー入り聞いたのは… 競泳女子400R/アジア大会

西日本スポーツ

 ◆アジア大会 競泳女子400メートルリレー(18日・ジャカルタ)

 中国の連覇を「5」で止めた日本が歓喜の輪をつくった。2016年リオデジャネイロ五輪でマークした日本記録を更新し、24年ぶりの大会制覇。第1泳者のエース池江は「リラックスして臨めた」と白い歯をのぞかせた。

 池江が2番手中国につけた0秒40差の貯金を後続が守り抜いた。第2泳者の酒井は約1時間前に女子200メートル背泳ぎで銀メダルを取ったばかりで、自由形は専門外。「午前中の予選の後にメンバー入りを聞いた」と戸惑いながらも死守した。

 池江は「全体的に日本自由形のレベルが上がっている」と実感。世界との差はまだ大きいが、2年後への成長に大きな手応えを得た。(末継智章)

=2018/08/20 西日本スポーツ=

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ