毒島誠が予選トップ通過 SGメモリアル 【まるがめ】

西日本スポーツ

 まるがめボートのSG「第64回ボートレースメモリアル」は順延を挟んだ4日間の予選を終え、ベスト18が出そろった。5日目の26日は、ファイナル進出を懸けた準優3番が争われる。毒島誠が予選トップ通過。出足や行き足には絶対の自信を持つ。準優でもしっかり逃げてオーシャンカップに続くSG連覇へ王手をかける。2位は井口佳典、3位は笠原亮が続き、いずれも1号艇で人気の中心を担う。準優ボーダーは5.83。山田康二と魚谷智之が得点率で並んだが、上位着順の差で山田が滑り込み。

【最終順位】(1)毒島9・33(2)井口8・50(3)笠原8・00(4)萩原(5)篠崎(6)柳沢(7)山口裕(8)秋山(9)西山(10)峰(11)菊地(12)茅原(13)重成(14)浜野谷(15)片岡(16)湯川(17)松井(18)山田康5・83 次・魚谷5・83

=2018/08/26付 西日本スポーツ=

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ