空手・宮原「初めて試合が怖いと思った」 会場の雰囲気にのまれ3位/アジア大会

西日本新聞

【女子組手50キロ級3位決定戦】表彰台で、銅メダルを手にポーズを取る宮原美穂 拡大

【女子組手50キロ級3位決定戦】表彰台で、銅メダルを手にポーズを取る宮原美穂

 ◆アジア大会 空手女子組手50キロ級(27日・ジャカルタ)

 7月のアジア選手権を制した宮原美穂(帝京大)は3位に終わった。初戦から接戦が続き、準決勝では台湾選手に1-0とリードしながら、倒れたところで上段突きを食らい、3点を奪われて逆転された。得意の刻み突きを研究されて攻め手を阻まれ、独特だった会場の雰囲気にものまれたという。

 3位決定戦に勝って意地を見せたが「初めて試合が怖いと思った」と涙を流した。福岡市出身の21歳。「2020年の(東京五輪)前にこんな経験をできたのは良かった」と声を絞り出した。


=2018/08/28 西日本新聞=

PR

PR

注目のテーマ