スポーツは平和に楽しみたい/アジア大会記者コラム

西日本新聞

 サッカー男子の日本-マレーシア戦の中継をメインプレスセンターで観戦中、終了直前に日本がPKで先制すると、インドネシアのボランティアも拍手を送っていた。親日家が多いといわれるが、別の理由もあるとか。「インドネシア人を好きじゃないマレーシア人もいる」とは滞在先のホテルで働く男性スタッフの説明だ。

 そのスタッフが教えてくれた原因の一つが、カリマンタン(ボルネオ)島北東部にある2島の領有権問題だ。両国が自国の領土と主張し、2002年に国際司法裁判所がマレーシアの領土と裁定した。しかし、このスタッフは、いまだに納得がいっていない様子だ。

 領土を巡って関係が悪化するのは、世界中のどこでも似たようなものだろう。隣国同士の「ダービー」が盛り上がることはあるが、スポーツは平和的視点で楽しみたい。(末継智章)

=2018/08/28 西日本新聞=

PR

PR

注目のテーマ