決勝出場を目指すスジーワさん/アジア大会記者コラム

西日本スポーツ

野球競技の審判員として大会に参加しているスジーワさん 拡大

野球競技の審判員として大会に参加しているスジーワさん

 野球会場で日本在住のスリランカ人審判、スジーワさんと再会した。2015年の選抜高校野球大会で海外から来た外国人で初めて審判を務めるなど、本紙の記事にもたびたび登場してもらった。今大会では日本戦や韓国戦のジャッジを任されたという。「アジアのオリンピックと言われる大会に参加できてうれしい」と笑顔だった。

 一方で、気掛かりなのは母国スリランカのメダル数だ。28日時点で全競技を通じメダルを獲得できていないという。「その分、私も審判として決勝戦まで頑張って国にも日本にも恩返しをしたい」。野球は30日から決勝ラウンドが始まる。「次の目標は2020年の東京五輪」と言うスジーワさんの活躍は、まさにワールドワイドだ。(伊藤瀬里加)

=2018/08/30 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ