上林が決めた!ソフトB延長制し西武と5差 「第二の故郷」仙台で初V弾

西日本スポーツ

延長10回2死、勝ち越し本塁打を放ち生還する上林 拡大

延長10回2死、勝ち越し本塁打を放ち生還する上林

 ◆楽天3-4ソフトバンク(1日・楽天生命パーク宮城)

 上林の勝ち越し弾が飛び出したソフトバンクが3連勝を飾り、首位西武とのゲーム差を5に縮めた。

 2回に中村晃の2ラン、上林の適時打で3点を先取も、3回と8回にいずれもウィーラーにアーチを許し同点。そのまま延長戦に突入し、10回2死、上林が松井から右超えに18号ソロを放った。

 インタビューでは、同学年のストッパー左腕を攻略しての決勝アーチを「追い込まれていたので、必死にボールに食らいついていこう、と。ホームランになってよかった」と納得顔で振り返った。スタンドでは両親が観戦。2安打2打点の結果に「両親が来ると高校の時から結果が出ていたので、目の前で打つことができてよかった」と喜んだ。

 埼玉県出身で仙台育英高に進んだ上林にとって、仙台は「第二の故郷」。楽天生命パーク宮城でのアーチは4月6日に続いて2本目だが前回はチームが負けており、V弾は初となった。

=2018/09/01 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ