J2大分、連敗7位後退 片野坂監督「私の判断ミス」

西日本スポーツ

福岡に敗れ肩を落とす松本(7)ら大分イレブン 拡大

福岡に敗れ肩を落とす松本(7)ら大分イレブン

 プライドを懸けて球際で火花を散らした。敵地での激闘の末、大分が後半ロスタイムに力尽きた。「アウェーで勝ち点1のプランもあったが、われわれは勝ち点3が必要だった。私の判断ミス」。首位町田と勝ち点8差に広がり、片野坂監督は唇をかんだ。

 GK高木から構築する攻撃を警戒し、福岡は高木に激しいプレッシャーをかけてきた。序盤はその戦術に苦しんだが、徐々にペースをつかみ、カウンターからチャンスメーク。FWの伊佐はドリブルで何度もゴール前に迫ったが、ゴールネットは揺らせなかった。

 ライバル福岡に直接対決で敗れ、勝ち点で抜かれた。「前半の相手の攻撃をしのぎ切り、チャンスはつくれたが、後はいつもの最後の質と判断」と片野坂監督は反省点を挙げた。長丁場のJ2も残り11試合。痛い黒星を昇格への糧にする。

=2018/09/02付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ