「まだ僕らは下にいるので」/工藤監督一問一答 9.2楽天戦

西日本スポーツ

 ◆楽天0-12ソフトバンク(2日・楽天生命パーク宮城)
-12得点で快勝

 どんどん打っていくぞという姿勢がみんなに表れていて、満足することなくいってくれた。まだまだこれから戦いが続いていく中で、走塁とかやるべきことをしっかりやってくれた。いい試合ができた。

-1日の試合で負傷交代した中村晃が3ラン

 本人にも確認しましたけど、動き出したらよくなってきたと言ってましたんで。今日、こうやってゲームに出られたのはよかったと思いますし、いい結果が彼自身にも出てよかったなと思います

-バンデンハークは7回無失点

 今日は腕が前で振れててよかった。終わった後に「自分の中で何か(前回から)修正したの?」と通訳を介して聞いたら、頭をぶれないようにというのを考えながらやっていたと。いつもはどうしてもファースト側に倒れるのが早いので、それをなるべくしないようにとやっていたみたい。それで、腕が前でしっかり振れてて力もあった。ナイスピッチングだった。

-西武と4ゲーム差

 ですけど、あんまりそこのね。結果として聞くのはいいと当然思いますし、そこを抜かなきゃいけないわけですし。そこをモチベーションにみんなで変えていって、とにかくいいゲームを一試合一試合やっていくのが何より大事。相手の勝った負けたで一喜一憂するのではなく、とにかく自分たちの試合をいい形でやっていく。それで相手が負ければ縮まっていきますし。また僕らは下にいるので。決して上にいるわけではないので、下にいる以上は上を目指して、とにかく目の前の試合を戦っていく。

=2018/09/03 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ