西武ナイン、未明の大きな揺れに驚嘆 旭川で震度4 チームは無事に帰京

西日本スポーツ

 西武が6日、地震の被害を受けた北海道から空路で帰京した。5日夜の日本ハム戦後、滞在していた旭川市で震度4の地震が直撃。未明だったが、選手や関係者も大きな揺れに驚いたという。ホテルは停電し、エレベーターも止まり、一部ではお湯が出ない状況も。辻監督は「大きな揺れで目が覚めたよ。荷物を持って階段で下りるのは大変だった」と振り返った。

 チームは午前10時過ぎの東京行きの飛行機に乗るため、バスで旭川空港に移動した。道中には信号がついていない場所もあり、空港では出発便が30分以上遅れたが、無事に飛び立った。羽田空港に着いたチーム関係者は一様にホッとした表情だった。

=2018/09/06 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング