オート34期生20人が入所式

西日本スポーツ

 オートレーサー養成所(茨城県下妻市、筑波サーキット内)で11日、第34期選手候補生(男子15人、女子5人)の入所式が行われた。今期は307人の応募に対して20人が合格(倍率15・4倍)。このうち、ロードレースなどの世界選手権やスポーツ競技で優秀な成績を残した選手を対象とした特例合格者は上和田拓海(東京)と野本佳章(群馬)の2人。九州、山口からは6人(男子5人、女子1人)が合格した。候補生は、来年5月まで9カ月間の養成期間を経て、同6月にデビューする予定。

=2018/09/12付 西日本スポーツ=

PR

オートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ