天王山で出た!西武・浅村&山川アベック弾 今季12度目、ソフトB千賀をKO

西日本スポーツ

 ◆西武-ソフトバンク(15日・メットライフドーム)

 3.5ゲーム差で迎えた直接対決3連戦の第1ラウンドで、首位・西武が浅村&山川の2者連続アーチなどでソフトバンク先発の千賀を5回途中KOした。

 1点差に迫られた後の5回、1死一、三塁から浅村が左翼席に27号3ラン。110打点でタイトルを獲得した2013年を上回る自己最多のシーズン111打点目となり「打ったのは真っすぐ。うれしい。良かったっす、打てて」と喜んだ。

 その直後、山川が千賀の初球をバックスクリーン左に運んだ。キング争いで猛追してきたソフトバンクの柳田にこの時点で5本差をつける39号ソロ。打点は105となり「会心の当たりでした。浅村さんに続けて良かった」と笑みを浮かべた。

 打点でもハイレベルなタイトル争いを繰り広げる浅村、山川のアベックアーチは今季12度目。過去11試合で10勝1敗と高い勝率を誇っている。

=2018/09/15 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング