守田予選トップ びわこ大賞

西日本スポーツ

 びわこボートのG1開設66周年記念「びわこ大賞」は16日、優出を懸けた準優3番が争われる。4日間の予選を終えて、守田俊介が得点率8・50でトップ通過。バランスが取れて上位の舟足で6戦2勝、オール3連対と地元のエースとして存分に活躍を見せている。3日目後半から連勝の太田和美が2位、予選ラストを(2)(2)でまとめた岡村慶太が3位。この上位3人が準優の1号艇を手に入れた。最終的なボーダーは5・83。前日までの下位からは新田雄史、深谷知博、山田哲也、山口剛が勝負駆けに成功。ボーダー上だった馬場貴也は、上位着順の差で次点だった。

=2018/09/16付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ