大村ボートで23日から待望のナイターレース

西日本スポーツ

大村ボートのナイター開催スタートをPRする鬼塚すずさん 拡大

大村ボートのナイター開催スタートをPRする鬼塚すずさん

■PR隊が本社来訪

 大村ボート(長崎県大村市)で待望のナイターレース「発祥地ナイター」が23日から始まる。そのオープニングレース(27日まで)のPRのため、同市競艇企業局の馬場宏幸次長らが19日、福岡市・天神の西日本スポーツを訪れた。売上目標額は20億円。

 同ボートは全国で7番目のナイターレース実施場となる。ナイター整備のため昨年9月に着工。35億円かけて照明や外構を整えた。走行テストに参加した選手から「明るくて走りやすい」と、好評を得たと話す馬場次長。今回のオープニングレースにはSG常連選手が参戦し、記念となるレースに華を添える。地元エースの原田幸哉や下條雄太郎をはじめ、瓜生正義、菊地孝平、萩原秀人、守田俊介らが出場する。また、今後も大村独特の企画レースを行っていく。

 開催期間中はイベントも豪華。横沢夏子お笑いライブやレーザー&音楽&花火スペクタクルショー(いずれも23日)、HUGっと!プリキュアショー(24日)、岡崎友紀歌謡ショー(26日)、平野ノラお笑いライブ(27日)を行う。電投会員向けには10月14日まで、「マイルクラブ大村24」の新規入会で現金1000円がもらえるキャンペーンも実施。

 キャンペーンレディーの鬼塚すずさんは「遠方の方はぜひ電投で。イベントもいっぱいあるので、会場へ足を運んでください」と呼び掛けた。

=2018/09/20付 西日本スポーツ=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ