西武・秋山4安打 7戦連続2桁安打

西日本スポーツ

 ◆ロッテ4-7西武(21日・ZOZOマリンスタジアム)

 秋山はいつも以上に初回第1打席に集中していた。理由は降りやまない土砂降りの雨。「いつ中断になってもいいように先に点を取ろうとみんなで言っていた。5回で終わる可能性もあった」。先頭で中前打。先制の3得点の火付け役となった。「(石川は)探り探りでいつものボールじゃなかった。そこでとらえられて良かった」

 7連勝中は4試合に先頭で出塁し、得点につなげている。初回の安打で水を得た魚のように安打を量産した。6回に右翼越えの21号ソロを放つなど今季3度目の4安打。「勝ちにつながったし、内容にも満足している。試合数も少なく、負けたら重いので」と笑った。

 2度の最多安打のタイトルを獲得したヒットマンに引っ張られた「獅子脅し打線」は7試合連続2桁安打をマークした。「優勝に向けてチームに貢献できるバッティングをしていきたい」。その先頭に秋山がいる。 (小畑大悟)

=2018/09/22付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング