広島・緒方監督の父親も歓喜 鳥栖市の実家で観戦

西日本スポーツ

 広島が球団史上初のセ・リーグ3連覇を果たした26日、佐賀県鳥栖市にある緒方孝市監督の実家では親戚ら約30人がテレビ中継を見守り、優勝の瞬間には「よっしゃー」と歓喜の声が上がった。

 妻の遺影を手に試合を観戦した父の義雄さん(83)は「天国の家内と一緒に応援していた。本当にうれしい」と喜び、叔母の末次協子さん(69)も「勝てない時期もあった分、3連覇なんて夢にも思わず、感動した」と目を潤ませた。優勝を目前に足踏みしただけに、親戚の松隈太雅(たいが)さん(16)は「ようやく優勝できて喜び倍増。日本一まで気を抜かず突き進んでほしい」と声を弾ませた。 (星野楽)

=2018/09/27付 西日本スポーツ=

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング