JFLテゲバが宮崎にスタジアム建設へ J3参入目指し20年完成予定

西日本スポーツ

連携協定を結んだテゲバジャーロ宮崎の柳田和洋代表(左から2人目)と宮崎県新富町の小嶋崇嗣町長(同3人目)。右端は見届け人の河野俊嗣宮崎知事 拡大

連携協定を結んだテゲバジャーロ宮崎の柳田和洋代表(左から2人目)と宮崎県新富町の小嶋崇嗣町長(同3人目)。右端は見届け人の河野俊嗣宮崎知事

 サッカーJ3への参入を目指している日本フットボールリーグ(JFL)のテゲバジャーロ宮崎は宮崎県新富町にホームスタジアムを建設することで町と合意し、26日、町と連携協定を結んだ。2020年の完成を目指す。

 スタジアムはJR日向新富駅近くに建設予定で、町は9月定例町議会にスタジアムなどの用地取得費約5億2710万円を提案し可決された。J3の基準を満たすため5000人以上の観客席を設ける予定で、数億円規模となる建設費はテゲバ側がスポンサー企業を中心に調達し建設後、町に譲渡する。

 町役場であった調印式で、小嶋崇嗣町長は「サッカーやイベントで活性化につなげたい。防災の避難拠点にも使いたい」。テゲバの柳田和洋代表は「J2、J1を見据え、県民に愛されるチームにしたい」と話した。 (古川剛光)

=2018/09/27付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ