西武稼頭央、今季限り引退「ユニホーム脱ぐならここと決めていた」 球団は残留要請へ

西日本スポーツ

 西武は26日、松井稼頭央外野手(42)が今季限りで現役を引退すると発表した。27日にメットライフドームで記者会見を開く。今季は15年ぶりに古巣復帰し、テクニカルコーチを兼任。球団は引退後の来季も指導者としてチームに残ることを要請する見通しだ。

 15日に出場選手登録を外れた後も1軍に同行していた松井は、25日の楽天戦後に辻監督やチームメートに引退を報告。26日は遠征先の仙台から東京へ戻る際に「(チームに)伝えました。(今後については)待ってほしい」と話した。27日に再昇格する可能性もある。

 球団は松井の実績、野球に取り組む姿勢などを高く評価。球団幹部は「走攻守の全てで素晴らしい成績を残した。若手だけでなく、ベテランにもいい影響を与えてくれる存在」と強調。今後のチームづくりに不可欠な人材と位置付けている。

 いつかはこの日がくると分かっていた。現役に別れを告げる松井は「寂しいですよ」と前置きした上で続けた。「残りも選手として全力で頑張る」。栄光と苦難の25年間。その最終章をライオンズの仲間と笑って終える。そう心に決めた。

 松井にとって特別な存在。それが2歳年上のイチロー(44)だ。「日本にいるときから背中を追いかけてきた存在」。その“憧れの人”と自らを重ねたのは、今季初めて出場選手登録を外れた今月15日。2位ソフトバンクを本拠地に迎えた3連戦の初戦だった。

 「テレビでイチローさんが大谷と話している映像を見てうれしくなった。イチローさんと(1軍を外れた)今の僕はある意味同じシチュエーション。肩を並べたというとおこがましいけれど、日本ではきっと初めて。それがうれしかった」

 投手を増やすための登録抹消を察していたという松井は、何もなかったように練習で汗を流し、試合が始まればユニホームを着てベンチ裏で戦況を見守った。また辻監督も10年ぶりの優勝へ向けて走るチームに“無形の力”を必要としていた。

 1軍に同行し、若いチームと同じ時間を共有してほしい-。松井は「直接伝えていただいてありがたかった」と話す。選手に助言する自身を、マリナーズで会長付特別補佐を務めながら練習に取り組むイチローに重ねた。今季に入って感じたという目の衰え。春先は「絶対に嫌」と公言していた眼鏡を最近発注した。

 「うちは本当にいいチーム。アグー(山川)は一本立ちしたし、サンペイ(中村)やクリ(栗山)も頑張っている」。歓喜間近のチームで引き際を悟った。「こんな僕でも必要としてくれる。ユニホームを脱ぐなら、ここでと決めていた」。秋山幸二、石毛宏典、工藤公康、清原和博…。看板選手が去った常勝レオの「看板」を引き継いだ背番号7。マリナーズ愛のイチロー同様、最後はライオンズ愛を貫いた。 (西口憲一)

   ◇    ◇

日米通算2703安打

 松井稼頭央(まつい・かずお)1975年10月23日生まれ。大阪府出身。PL学園高からドラフト3位で94年に西武入団。盗塁王3度、最多安打2度、遊撃手でベストナイン7度、ゴールデングラブ賞を4度受賞。98年はパ・リーグMVP。2002年に史上8人目のトリプルスリーを達成。04年から米大リーグのメッツ、ロッキーズ、アストロズに在籍。09年に日米通算2000安打。11年に楽天で日本球界に復帰し、15年に日本通算2000安打。右投げ両打ち。177センチ、85キロ。

   ◇    ◇

秋山氏「いろんな経験できてうらやましいよ」

 秋山幸二氏(本紙評論家)「俺より長く(現役を)やったなあ。本人の努力もあったけど、体が強くてけがにも強い。トリプルスリーもやったし、メジャーにも挑戦して結果も出した。いろんな経験ができたのはうらやましいよ。トップの中のトップ。素晴らしい選手だった」

=2018/09/27付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ