ソフトバンク本多が引退 タカ一筋13年、通算350盗塁目前で決断

西日本スポーツ

 ソフトバンクの本多雄一内野手(33)が今季限りで現役を引退する。1日にも球団から発表される。ホークス一筋で13年、通算342盗塁をマークしたスピードスターがユニホームを脱ぐ決断を下した。

 鹿児島実高、三菱重工名古屋から、大学・社会人ドラフト5巡目で2006年に入団。2年目にレギュラー定着すると、チームがリーグ連覇した10、11年はいずれも全試合出場を果たして2年連続盗塁王(10年59盗塁、11年60盗塁)に輝いた。二塁手で11年にベストナイン、11、12年にゴールデングラブ賞。日本代表では13年の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場した。

 12年シーズン中に首痛を発症しフルイニング出場が293試合、連続試合出場は352でストップ。その後、15年に右足首を痛めてシーズン2桁盗塁が8年連続で途切れるなど、近年は度重なるけがに苦しんでいた。過去18人しか達成していない通算350盗塁まであと13として迎えた今季は開幕1軍入りも5月に出場選手登録を抹消され、プロ入り後最少の出場32試合にとどまっている。

 通算成績は1312試合で打率2割7分6厘、15本塁打、347打点。地元の福岡県出身で「ポンちゃん」の愛称でもファンに親しまれた人気者がグラウンドを去る。

=2018/10/01 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ