ソフトバンク本多引退 工藤監督の胸中は

西日本スポーツ

 ソフトバンクは1日、ロッテ戦の試合前に本多雄一内野手(33)の今季限りでの現役引退を発表した。試合後、工藤監督がコメントした。

 チーム生え抜きで13年目の本多は、今季ここまでプロ最少の32試合出場にとどまっていた。指揮官は「ここまでずっとホークスでやってきた選手ですし、報告を聞いて非常に残念という思いでいっぱい。今年はなかなか(1軍で)会える期間も少なかったけど、ファームの方で、お願いして(本職のセカンド以外に)サード、ショートもやってもらっていただけに、またそういう(昇格させる)チャンスがあればとは思っていた」と言う。

 「いろんな思いがあったとは思うけど、決断したからにはね。ホークス一筋でやってきたことに、本当に、お疲れさまでしたと言いたい」とねぎらった。

 本多は3日に引退記者会見を行う。

=2018/10/01 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ