ソフトB武田「投げられるならどの役割でも」 好ロングリリーフ 昇格即0封

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク1-6ロッテ(1日・ヤフオクドーム)

 この日出場選手登録をされた武田が2番手で登板し、4回2/3を被安打1、無失点と好投した。3回2死一、二塁で松本裕の後を受けると、鈴木に四球を与えたが、続く岡を遊ゴロに仕留めてピンチを切り抜けた。その後はテンポのいい投球を見せ、8回1死で降板するまで得点を許さなかった。「低めに投げることだけを考えたことがうまくいった」と手応え十分。クライマックスシリーズに向け「投げられるならどの役割でもいい」と意気込む。倉野投手統括コーチは「“第2先発”として考えている」とロングリリーフでの起用を示唆した。

=2018/10/02付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ