グリムがコースレコード1秒1更新 Jpn3白山大賞典 【金沢】

西日本スポーツ

 金沢競馬の第38回白山大賞典(Jpn3、2100メートル)が2日、行われ、大外枠から逃げた単勝2番人気のグリムが、後続を5馬身ちぎって圧逃。勝ちタイムは2分11秒4でコースレコードを1秒1更新した。2着は追い上げたセンチュリオン、好位インで粘り込んだカツゲキキトキトが3着。1番人気のミツバは最下位11着だった。

■5馬身差圧逃V

 成長著しい3歳馬のグリムが、金沢で桁違いのスピードを披露した。カツゲキキトキトとマイネルバサラがダッシュ良く飛び出したが、大外から手綱をしごきながらグリムが2頭を抑え込み、ペースを握ってみせる。人気のドンフォルティスやミツバも4、5番手と前寄りな位置取りで、逃げたグリムをうかがった。

 だが、2周目にさしかかると、ミツバに早くもムチが飛び、ドンフォルティスも向正面で手応えがいっぱいに。2番手を追走するマイネルバサラがグリムを捕まえようと動いたが、グリムは逆に突き放すと、最終4コーナーを難なく先頭で回り、直線は独走状態。悠々、ゴールを駆け抜けた。

 「まだ3歳だし覚えなきゃいけない部分はあるけど、思っていたより強かった」と、楽勝劇に内田博は涼しい顔で振り返る。野中賢師も「次走は浦和記念と考えていたが、この勝ちっぷりならJBC(クラシック)も検討しなければいけない」。“うれしい誤算”とも言える快勝劇だった。

=2018/10/03付 西日本スポーツ=

PR

競馬 アクセスランキング

PR

注目のテーマ