日章学園“金星”挙げた 春王者・九国大付を下し初センバツへ前進

西日本スポーツ

 ◆秋季高校野球九州大会:1回戦 日章学園7‐5九州国際大付(20日・熊本県営八代)

 10季ぶり出場の日章学園(宮崎)が、春の九州大会優勝校の九州国際大付(福岡)を破った。

 初回に5番石嶋留依(2年)の右前タイムリーで2点を先制し、2回は相手の守備の乱れから4連打で4点を追加。主導権を握った石嶋は「先制タイムリーは相手の真っすぐを狙っていた」と振り返った。

 石嶋はその後、6回から救援で登板。「自分が投げるとは思わなくて、監督に言われて3球ぐらいしか投球練習していなかった」と登板当初は制球に苦しみながらも相手の反撃をソロ本塁打の1点に抑えた。

 今夏の宮崎大会では決勝で日南学園に敗れ、甲子園に届かなかった。「あのときの悔しさはもう繰り返したくないと、みんなで話してこの大会にしっかり入れたのが良かった」と石嶋。熊本西との準々決勝でも投打で活躍し、初の選抜切符を引き寄せる。

〈1回戦〉
九国大付020020010-5
日章学園24000010×-7


=2018/10/20 西日本スポーツ=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ