九州国際大付、春秋連覇消える エース下村が崩れ日章学園に敗退

西日本スポーツ

 ◆秋季高校野球九州大会:1回戦 日章学園7‐5九州国際大付(20日・熊本県営八代)

 高校野球の秋季九州大会(第143回九州大会)が20日に開幕し、熊本市のリブワーク藤崎台球場と熊本県八代市の県営八代野球場で1回戦計4試合が行われた。九州大会初出場の熊本西は佐賀学園に3-2で競り勝ち、初勝利を挙げた。2季連続の九州王座を狙った九州国際大付(福岡)は日章学園(宮崎)に5-7で敗れ、来春の選抜大会出場は絶望的となった。長崎商は沖縄水産を8-4、明豊(大分)は鹿屋中央(鹿児島)を7-3で破って準々決勝に進出。21日は1回戦の残り4試合が行われる。

 九州国際大付が日章学園に敗れ、九州大会春秋連覇が消えた。2点差を追い付いた直後の2回、2死から内野守備の乱れで走者を出し、そこからエース下村が4連打を浴びた。2回までに6失点。「守備の不安が出た。下村で5点以上取られたのは記憶にない。エースならあそこで抑えないと」と楠城監督はあえて厳しい言葉を送った。下村は「投げたい所に投げられず、甘く入ったところを打たれた。味方のエラーが出ても、抑えてこそ本当のエース」と涙を浮かべた。

=2018/10/21付 西日本スポーツ=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ