ソフトB柳田、初のCS・MVP「カープと戦える」

西日本スポーツ

ヒーローインタビューを終え、「サイコー!」とポーズをとる柳田(中央)と爆笑するナイン 拡大

ヒーローインタビューを終え、「サイコー!」とポーズをとる柳田(中央)と爆笑するナイン

1回無死満塁、走者一掃の先制二塁打を放つ柳田 6回無死、右中間にソロを放つ柳田

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ:第5戦 西武5-6ソフトバンク(21日・メットライフドーム)

 チーム史上初の「下克上」達成の原動力となった4番は胸を張った。柳田がレギュラーシーズンで打率1割台だった、メットライフドームでのファイナルS5試合で打率4割5分、2本塁打、8打点。ファーストSの3戦を合わせても3割超えで、自身初のMVPに輝いた。「また大舞台で野球ができる。ワクワクする。悔しい思いをしたメットで、シーズンの悔しさを晴らせたと思う」と拳を握った。

 この日も、早々に獅子を谷底へと落とした。初回無死満塁。ウルフがフルカウントから投じた6球目、甘く入ってきたツーシームをはじき返した。打球は左中間を真っ二つに割る、走者一掃の先制3点二塁打に。「点を取ることが自分の仕事。集中していけた」。二塁ベース上で会心のガッツポーズを披露した。

 粘る相手に再び痛打を浴びせたのも柳田だ。1点差に迫られた6回。直前の西武の攻撃であったリクエストの結果を巡り、ブーイングも起こる中でウルフの内角カーブをかち上げた。相手右翼手の外崎が一度前進した打球は、長い滞空時間を経て右中間スタンドへ。「少し崩された」と言いつつも、前日第4戦の一発を想起させる驚弾で貴重な追加点をゲット。この試合も2安打4打点と爆発した。

■リーグV西武に敬意

 レギュラーシーズンでは連覇を逃した。その悔しさをぶつけて、チームにとっても自身にとっても初の経験となるCSでの「下克上」を達成。一方で、1度も首位を譲らずリーグ優勝した西武に心からの敬意を抱く。「自分たちはシーズンで負けているので、失うものはない。むこうは重圧もあったと思う。西武は強い。まさか勝てるとは思わなかった。チームの状態もよかったが、運もあったと思う」。ライバルの思いも胸に、日本シリーズへ臨む覚悟だ。

 日本一を争う相手は、幼少時代から熱狂的に声援を送った広島カープだ。大学卒業まで過ごした、愛する故郷広島で開幕を迎えるだけに「日本シリーズでカープと戦える。小さいころから考えると想像できないけど、かみしめて…」と感慨にも浸った。それでも2年連続日本一というチームの栄冠を見据え、すぐさま気持ちを切り替えている。「足も使え、いい打者がたくさん。投手もいい。全身全霊をかけて頑張る」。歓喜のゴールテープを切るまで、タカの4番はフルスイングを続ける。 (山田孝人)

=2018/10/22付 西日本スポーツ=