筑陽学園が興南撃破 相手失策でサヨナラ 秋季高校野球九州大会4強決定

西日本スポーツ

◆秋季高校野球九州大会:準々決勝 筑陽学園1―0興南(22日・リブワーク藤崎台)

 高校野球の秋季九州大会(第143回九州大会)第3日は22日、熊本市のリブワーク藤崎台球場と熊本県八代市の県営八代野球場で準々決勝4試合があり、筑陽学園(福岡)が2季連続甲子園出場を狙う興南(沖縄)を延長13回タイブレークで1-0で競り勝ち、初の選抜大会出場に大きく前進した。日章学園(宮崎)は熊本西を8-1の7回コールドで破り、初の4強進出。明豊(大分)は長崎商に10-1、大分は神村学園(鹿児島)を8-1と、いずれも8回コールドで快勝し、大分勢がダブルで4強入りを決めた。23日の休養日をはさみ、24日は明豊と日章学園、大分と筑陽学園による準決勝がリブワーク藤崎台球場で行われる。

 「甲子園へ行きたい」という執念が打球に乗り移った。タイブレークに入った延長13回。無死満塁の場面で6番福岡大真(2年)の打球は一塁へのゴロ。興南の一塁手金城から捕手への送球がそれてサヨナラの走者がホームへ生還し1-0。2季連続甲子園を狙う強豪に競り勝って4強入りを果たし、選抜大会出場へ前進した。

 甲子園のファイナリストのDNAを受け継ぐ2人が大事な場面でキーマンとなった。福岡の父は1994年の甲子園準優勝投手。「福岡の持っているものにかけた」と江口祐司監督が打席に送り出した。福岡は「何を打ったのかも覚えていない」と夢中でバットを振り、相手のミスにつながった。樟南(鹿児島)のエースだった父の真一郎さんは校名変更前の鹿児島商工だった93年、熊本で開催された春の九州大会で優勝。父に「俺は熊本で優勝したぞ」と励まされ、息子は意地を見せた。

 92年に西日本短大付(福岡)の主将として甲子園で優勝した父を持つ中村敢晴(1年)は守備で、チームの絶体絶命のピンチを救った。13回無死満塁で遊撃へのゴロを捕った中村は体勢を崩しながらも捕手への好送球で生還を許さなかった。「もともと守備は自信がなくて、ずっと集中していた」。父の寿博さんからは前日の電話で「がんばれ」と激励された。父が立った甲子園に近づき「うれしい」と顔をほころばせた。

 九州ナンバーワンといわれる興南の左腕宮城大弥(2年)の前に13三振を喫しながらの勝利。試合後、筑陽学園の江口監督は涙で声を詰まらせた。「3年前に亡くなった部員のためにもどうしても甲子園にと思ってきた」。3年前の練習中に1年生(当時)部員が亡くなる事故があった。その後も優勝候補とされながら夏の大会で勝てず、昨秋の九州大会は初戦敗退。今年は苦しみを乗り越え、4強にたどり着いた。

 「勝って兜(かぶと)の緒を締めよ」がみんなの合言葉。次は初の決勝進出を決めて来春の甲子園を確実にする。 (前田泰子)

   ◇    ◇

西舘は完封勝利 筑陽学園

 筑陽学園の背番号10の西舘が13回を投げきり興南を完封した。直球も変化球も制球良く低めに決め内野ゴロの山を築いた。投球のテンポを上げた6回からはわずか1安打。延長11回にボークなどで無死一、二塁のピンチをつくったが、投手へのライナーで併殺にしてピンチを切り抜けた。「公式戦は7回以降投げたことがなかったけど疲れは全然なかった」と146球を投げきった。今夏まではベンチ外。「やってきたことは間違っていなかった」と自信を深めた。

=2018/10/23付 西日本スポーツ=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ