王会長「とにかく今年は小園」 ソフトバンクが1位指名を公表

西日本スポーツ

ソフトバンク・王会長 拡大

ソフトバンク・王会長

 ソフトバンクは、25日のドラフト会議で報徳学園高の小園海斗内野手を1位指名することを公表した。

 ドラフト前日の24日、東京都内のホテルで編成会議を行い、王球団会長が「もうとにかく今年は小園選手でいくということですね。スカウトの評価がすごく高いし、運動能力もあり、守備がうまいし、肩もいい、バッティングもいいということで」と話した。

 小園は走攻守三拍子そろった右投げ左打ちの遊撃手で、報徳学園高で1年春からベンチ入り。今夏の甲子園では初戦の聖光学院戦で、大会タイ記録の1試合3二塁打を放つなど8強入りに貢献した。9月には高校日本代表としてU18アジア選手権に出場した。

 王会長は「単独にはならんだろうから、そこはね。(工藤)監督に(抽選を)ガッと頑張ってもらって」と期待を寄せた。

=2018/10/24 西日本スポーツ=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ