筑陽学園また延長制す 江原主将が先制&V打

西日本スポーツ

 ◆秋季高校野球九州大会:準決勝 筑陽学園5―3大分(24日・リブワーク藤崎台)

 高校野球の秋季九州大会(第143回九州大会)第4日は24日、熊本市のリブワーク藤崎台球場で準決勝2試合が行われ、筑陽学園(福岡)は大分を延長12回、5-3で破り初の決勝進出を決めた。主将で4番の江原佑哉(2年)が先制打と勝ち越し打を放って勝利に導いた。明豊(大分)は日章学園(宮崎)に10-4で快勝し2季連続の決勝進出。筑陽学園は初、明豊は福岡ソフトバンクの今宮健太内野手を擁した2009年以来となる選抜大会出場がほぼ確定した。決勝は25日正午から同球場で行われる。

 接戦ならどこにも負けない。驚異の粘りで筑陽学園が初の決勝進出を果たした。延長13回でタイブレークの末にサヨナラ勝ちした準々決勝の興南戦に続き、準決勝は延長12回を制した。「一戦一戦、選手が成長している。たくましさを感じます」と江口祐司監督も驚きを隠せない。

 勝利に導いたのは4番で主将の江原のバットだ。0-0で迎えた8回2死二塁から右翼越え三塁打で先制。1-1の延長12回2死三塁からは右前へ運ぶ勝ち越し打を放った。「投手をなんとか援護したかった」と思いのこもった一打に後が続いた。5番野田優人(2年)が三塁打と相手の失策で自らも生還して2点を追加し、福岡大真(同)のソロアーチでダメ押しした。

 ここまで2試合はいずれも相手失策の得点だった。「とにかくまじめ」と江口監督が言う江原が今大会でチーム初の打点を挙げ、主将の責任を果たした。「投手に頼りすぎず自分たちで点を取りに行こう」とミーティングで声をかけたという江原。「自分たちは一体感がある。全員野球が持ち味です」と胸を張る。

 待ちに待ったタイムリーが出て打線は上り調子。ここまでチームを支えてきた投手陣も不安はない。連日の熱闘続きで「もうヘロヘロです」と江口監督は笑うが、目指すのは九州の頂点。決勝も粘り勝ちで初の九州チャンピオンの座をつかむ。

■大分 長尾3連続完投「4強は自信に」

 大分のエース右腕長尾が力尽きた。延長12回2死から本塁打を含む4連打で勝ち越され「2死を取った後、3人で終わらせようと考えたのが失点につながった。甘い気持ちがあった」と悔やんだ。今大会3試合計29イニングを1人で投げきり、選抜大会初出場を確実にするところまでチームを導いた。「周りに球の速い投手はいるけど、スピードがなくても制球力で勝負して4強まで来られたのは自信になった」と手応えをつかんだ。

=2018/10/25付 西日本スポーツ=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ