ソフトB内川、左太もも死球で途中交代

西日本スポーツ

 ◆SMBC日本シリーズ2018:第1戦 広島2-2ソフトバンク(27日・マツダスタジアム)

 内川が左太ももに死球を受け途中交代した。6番一塁で先発出場し、11回2死一、三塁の好機で、代わったばかりのヘルウェグに初球で胸元を155キロでえぐられ、2球目の152キロが当たった。一塁に向かうことなく、スタッフの肩を借りてベンチへ。5回には同点劇につながる中前打を放っていたが無念の交代。「太ももにもろに入った。明日は出られるように頑張りたい」と左脚を引きずりながら球場から引き揚げた。

=2018/10/28付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ