九共大、2年連続神宮 島内2点リード守れず

西日本スポーツ

 ◆九州大学野球選手権:決勝 九共大8-4日本文理大(27日・ヤフオクドーム)

 2年連続で神宮切符を手にした。第25回九州大学野球選手権(西日本新聞社など後援)は27日、福岡市のヤフオクドームで決勝が行われ、九共大(福岡六大学1位)が日本文理大(九州地区大学1位)を8-4で破り、2年連続7度目の優勝を決めた。8回に代打の田村航汰(2年・東海大福岡)が適時二塁打を放ち勝ち越し。準決勝でサヨナラ打を打った田村が2日連続でヒーローとなった。9度目の出場となる明治神宮大会(11月9日から6日間、神宮)は、1回戦で東都連盟代表の立正大と対戦する。

 広島2位指名の島内颯太郎(4年・光陵)は、7回に登板。2点のリードを守れなかった。「チームに迷惑かけて悔しい。神宮では直球を押していく投球をしたい」と悔しさの中、気持ちを切り替えた。

 準決勝前日の25日にドラフト会議で指名を受けた。「昨日は興奮があって熱が冷めなかったが、今日は集中した」。明治神宮大会初戦の立正大もドラフト指名を受けた選手2人が在籍する。「対戦するのが楽しみ」とイメージを膨らませる。

 ヤクルトから7位指名を受けた左腕久保拓真(4年・自由ケ丘)は島内からマウンドを引き継ぎ、2イニングを4奪三振、無失点に抑えた。「ライバルの島内に4年間助けてもらった。島内が駄目な時は自分が抑える」と言い切る。昨秋は明治神宮大会2回戦で日体大に1-1で臨んだ延長10回タイブレークの末、1-7で敗れた。「悔しい気持ちは常に持っていた。去年の借りを返したい」と闘志を燃やした。

=2018/10/28付 西日本スポーツ=

PR

大学・社会人野球 アクセスランキング

1日
2021/1/22 5:00 更新
1週間
2021/1/22 5:00 更新
1ヶ月
2021/1/22 5:00 更新

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング