仲谷、ファンに感謝 若松G1をPR

西日本スポーツ

 北九州市の若松ボートで11月1日からナイター開催するG1開設66周年記念「全日本覇者決定戦」(6日まで)のPRのため、同市公営競技局ボートレース事業課の福島哲哉課長らが29日、出場選手の仲谷颯仁(福岡)を伴い、福岡市・天神の西日本スポーツを訪れた。売上目標額は60億円。

 グランプリ、グランプリシリーズの選考期間終了まで1カ月を切り、ボーダーラインの選手には、貴重なG1でもある。2018年の獲得賞金ランキング(28日現在)で19位の松井繁(大阪)、23位の瓜生正義(福岡)、48位の仲谷らは勝負懸けの1戦になるだろう。

 2月の若松でG1初優勝を飾った仲谷は「勝っても負けても、レースを振り返って分析するようになった」とメンタル面でも強さが増したという。今大会について「ナイター向けに気持ちを上げていきます。一走一走を大切にし、ファンに感謝して走ります」と意気込んだ。キャンペーンガールの浜田ひかりさんは「私も仲谷選手を応援しています」とエールを送った。

 開催期間中は、元HKT48の多田愛佳のトークショー(1日)をはじめ、岩崎良美(3日)や柏原芳恵(4日)のミニライブを実施。また同ボート内に1日、ボルダリング施設がオープン。小学生以下が対象で、無料で参加できる。

=2018/10/30付 西日本スポーツ=

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング