ソフトBヒヤヒヤ1点差逃げ切った! “本拠地神話”継続10連勝 王会長「広島の粘りはすごい」

西日本スポーツ

 ◆SMBC日本シリーズ2018:第3戦 ソフトバンク9-8広島(30日・ヤフオクドーム)

 本拠地で猛打復活!! 工藤ホークスが最後は1点差に迫られる薄氷の乱打戦を制した。敵地広島での2試合ではわずか3得点だったが、福岡に戻った第3戦は12安打9得点と爆発。4回に中村晃の適時打などで今シリーズ初めて先制し、6回は第2戦の左翼から本拠地で本来のDHに戻ったデスパイネの今シリーズ1号3ランなどで一挙4点。ヤフオクドームでの頂上決戦は2011年の第7戦から10連勝。「本拠地神話」を継続し、対戦成績を1勝1敗1分けの五分に戻した。

 本拠地のスタンドのほぼ半分が赤に染まる中で、薄氷の勝利をもぎとった。1点リードの9回2死一、三塁。抑えの森が2安打を放っていた野間を一ゴロに仕留めると、工藤監督は笑顔で首脳陣と握手を交わした。今シリーズ3戦目での初勝利で星を五分に戻した。

 「ほっとしてます。勝ててよかった…」。試合後の工藤監督は開口一番、本音をこぼした。7回終了時点で大量6点のリード。白星をほぼ手中にしたかに見えたが、8回にセットアッパーの加治屋が鈴木にソロ、安部に満塁弾を浴びて1点差に詰め寄られた。

 今季は41度も試合をひっくり返して白星を手にした「逆転の広島」。工藤監督は「いや、もう本当…すごいと思いました。すごい粘り」との脅威を認めた。今季はセーブ王に成長し、9回を何とか無失点で締めた森を「1点差でよく投げてくれた」と心底たたえた。

 本拠地福岡に戻った第3戦で、ようやく重量打線が爆発。勝利した4試合で全て先制した西武とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージと同様に先制に成功。連続四球で得た4回1死一、二塁で、第2戦まで1安打だった中村晃が先制打を放った。

 今シリーズ開幕前、工藤監督は「まずは先制点」とその重要性を強調していたが、第2戦までいずれも相手に先制を許して主導権を握られていた。この日も3回まで九里の前に得点を奪えなかったが、4回の先制点で本来の勝ちパターンをようやく取り戻した。

 1点差に迫られた直後の6回には、今シリーズのチーム1号も飛び出した。2死から3連打で1点を奪い、なお一、二塁の好機で、デスパイネが岡田の151キロ直球を右翼テラス席に突き刺す3ラン。第2戦の左翼から本来のDHに戻った大砲に待望の一発が出た。

 敵地広島では2試合で3得点に抑えられたが、本拠地では12安打9得点。「デスパイネがしっかり逆方向に打ってくれたのは、今後、相手にとっても脅威になる」。工藤監督は16安打8得点の広島打線の破壊力を認めた上で、CSで「獅子脅し打線」に打ち勝った重量打線に自信を見せた。 (倉成孝史)

 ◆王球団会長「広島の粘りはすごいね。点は取れる時に取っておかないと。とにかくこれで五分五分だからね。一戦一戦やるしかない」

   ◇    ◇

巨人V9に並ぶ最長記録

 ソフトバンクは日本シリーズの本拠地試合で、2011年の第7戦から10連勝。巨人がV9期間中の1970~73年に後楽園球場でマークした最長記録に並んだ。工藤監督の就任後は本拠地では6戦全勝。セ・リーグ球団はパ・リーグ球団の本拠地で13年の第7戦から13連敗となった。

=2018/10/31付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ