西武・辻監督、浅村に「来季も主将を」 FA組に“残留要請”

西日本スポーツ

 西武の辻発彦監督(60)が2日、浅村栄斗内野手(27)に来季も主将を任せる意向を示した。国内フリーエージェント(FA)権の行使を検討している背番号3の残留は未定だが、来季以降もチームリーダーとしての活躍を期待している。

 自身が監督に就任した2017年から主将を任せる浅村について、辻監督は「今のところ候補はいない。引き続き浅村に主将をやってもらいたい」と明かした。今後の交渉は球団幹部に一任する姿勢ながら“残留要請”ともいえるメッセージを込めた。

 グラウンド内外でチームを引っ張り、リーグ優勝に貢献した浅村とともに、FA行使の可能性がある炭谷についても「残ってくれないと困る」と強調。選手の権利を尊重しつつ、来季への必要な戦力と位置付けた。

 この日は埼玉県所沢市内でオーナー報告を行った。10年ぶりのリーグ優勝を達成しながら、クライマックスシリーズでソフトバンクに敗れ、日本シリーズに出場できなかった。「ああいうピリピリした場所に、選手を立たせてやりたかった。来年こそ、日本一を目指したい」。その戦いは、2人とともに。就任3年目への切なる思いだった。 (松田達也)

=2018/11/03付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング