甲斐キャノンに広島ファンため息、シリーズタイ6度目阻止 ノーミスでは史上初

西日本スポーツ

 ◆SMBC日本シリーズ2018:第6戦 広島‐ソフトバンク(3日・マツダスタジアム)

 2年連続日本一に王手をかけているソフトバンクが、自慢の「甲斐キャノン」の威力をこれでもかと見せつけた。

 初回1死一塁から捕手・甲斐が広島・田中の二盗を阻止。二塁上は微妙なタイミングで当初はセーフの判定、ソフトバンク工藤監督がリクエストし、リプレー検証の結果、判定が覆ってアウトになってのものだった。

 これでシリーズ新記録の5連続盗塁阻止。すると2回にも2死一、三塁で、一塁走者・安部の二盗を阻止。今度は余裕のタイミングでアウトにし、スタンドを真っ赤に染めた広島ファンもため息を漏らすしかなかった。

 連続阻止記録を更新するとともに、日本シリーズで6度の盗塁阻止は1952年広田(巨人)以来2人目のタイ記録。また、この時点で甲斐は盗塁を許しておらず、阻止率100%での6度阻止は史上初だ。

=2018/11/03 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ