ソフトバンク武田が回またぎ&新井斬り 「楽しかった」シリーズ5登板

西日本スポーツ

7回から2番手で登板した武田 拡大

7回から2番手で登板した武田

 ◆SMBC日本シリーズ2018:第6戦 広島0-2ソフトバンク(3日・マツダスタジアム)

 今シリーズ5度目の登板となった武田が1回2/3を無安打無失点に抑えた。バンデンハークの後を受け7回から登板。先頭鈴木から外角低めの直球で見逃し三振を奪うなど、この回三者凡退に抑えた。8回も続投し代打新井を遊ゴロに仕留めるなど好投。2死から小窪に四球を与えたところで嘉弥真にスイッチした。今シリーズで中継ぎの柱として活躍した右腕は「楽しかったです。調子がよかったのでたくさん投げたかった。(投球)フォームなど2軍でやってきたことが形になってきた。この経験は来年に生きると思う」と笑顔を見せた。

=2018/11/04付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ