ソフトバンク達川ヘッドが退団、球団は「契約満了」 水上コーチも

西日本スポーツ

10月、グラウンドで練習を見守るソフトバンク・達川ヘッドコーチ(左)と工藤監督 拡大

10月、グラウンドで練習を見守るソフトバンク・達川ヘッドコーチ(左)と工藤監督

 ソフトバンクは4日、達川光男ヘッドコーチ(63)、水上善雄内野守備走塁コーチ(61)の退団を発表した。

 達川ヘッドコーチは、広島で現役引退後にダイエー(現ソフトバンク)でコーチを務め、広島監督のほか、阪神、中日でコーチを歴任し2017年に就任。工藤監督をサポートしてきた。

 三笠球団統括本部長は「球団としてコーチ契約を満了し、今シーズン限りで契約を終了するとお話しした」と説明。来季もヘッドコーチを置くかについては、現時点で方向性を明らかにしなかった。

 水上コーチは14年からファームで指導にあたり、今季、1軍内野守備走塁コーチとなっていた。

=2018/11/04 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ