浅村「ライオンズ最優先で」 FA会見で胸中明かす

西日本スポーツ

 西武の浅村栄斗内野手(27)が7日、埼玉県所沢市の球団事務所で記者会見を開き、国内フリーエージェント(FA)権の行使を表明した。

 同日に書類を提出。会見の冒頭、「私、浅村栄斗はFA権を行使することを決断したことを報告します」と話した。

 プロ10年目の今季は球団新記録の127打点で自身2度目のタイトルを獲得。打率3割1分、32本塁打をマークし、主将として西武の10年ぶりのリーグ優勝をけん引した。「優勝と日本一を目指して頑張ってきた。CSが終わってから(FAを)考えて、数日前に決断した」と経緯を明かした。

 その上で「外に出て行くからと行使したわけではない。他球団の評価を聞きたいのが率直な思い。自分があるのはライオンズのおかげ。ライオンズを最優先で考えていきたい」と移籍が前提ではないことも強調した。

 球団側は宣言残留を容認しており、西武も含めた複数球団による争奪戦が予想される。「興味を示してくれる球団があれば、話をしていきたい」と話した。

=2018/11/07 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ