ソフトB戦力外の寺原、今月中に進退判断 トライアウト「受けるつもりない」

西日本スポーツ

 来季の戦力外通告を受けた寺原が、筑後の屋内練習場ブルペンで約60球を投げるなどして汗を流した。現役続行を目指す35歳は、13日の12球団合同トライアウトについて「受けるつもりはない」と明言。「体を動かしながら他球団から声がかかるのを待ちたい」とした上で、「(戦力外通告は)初めてのことで、どれくらい待てばいいか分からないが、家族のこともあるし自分の中で(判断するの)は11月いっぱいまでかな」と心中を明かした。

=2018/11/08付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ